会員登録で1000円クーポンプレゼント

ニコチンリキッドおすすめ輸入方法は?人気商品もご紹介

ニコチンリキッドおすすめ輸入方法は?人気商品もご紹介

レビュー・おすすめ
シェアする

1.ニコチンリキッドおすすめ輸入方法は?

紙巻タバコや加熱式タバコはニコチンが含まれているため、電子タバコに移行するならばニコチン入りの電子タバコを使用したいと思いませんか? 既存の電子タバコユーザーにもニコチンリキッドを愛用している人は多いものです。 しかし、ニコチンリキッドは日本国内の店舗やインターネットショップで購入することが出来ません。 そのため、どこでニコチンリキッドを手に入れればいいのか戸惑ってしまう人も多いでしょう。
ニコチンリキッドを購入するには、海外から購入して輸入します。 海外では日本の薬事法とは関係なくニコチンリキッドが販売されているため、ニコチンリキッドを購入することができるのです。 ニコチンリキッドを輸入して日本で使用するための方法を詳しく見ていきましょう。

海外に行き、自分で購入する

海外へ出張が多い人や、海外旅行に行くことがある人ならば、ニコチンリキッドを海外に行って直接自身で購入することができます。 もちろん国によってはニコチンリキッドの売買をしてない国もありますし、どこで販売されているのかは事前に調べておく必要があります。 また、自身で購入するのですから、ある程度の語学力は必要でしょう。 必要ないものを勧められるままに購入してしまったり、目的とは異なる商品を誤って購入したりすれば後悔だけが残ってしまいます。 しかも、購入して日本に持ち込む際には税関申告が必要です。 海外出張や旅行ついでであれば問題ありませんが、わざわざニコチンリキッドを購入するためだけに海外に行くには手間がかかるのでお勧めできません。

海外にいる個人から購入する

実際に自分で海外に行って購入することが難しいのであれば、海外に住んでいる個人に依頼してニコチンリキッドを購入してもらうという手段もあります。 知り合いが海外に住んでいるのであれば頼みやすいですが、多くは依頼して見知らぬ相手に購入と配送を任せることになります。 そうなると、商品の保管方法や梱包、発送手続きまで相手次第になってしまうので、ミスなども生じやすいことが問題点です。 しかも、知らない相手であれば商品の安全性も不安なものです。 そのため、個人に依頼するのであれば、知り合いや信頼できる相手を選ぶようにしましょう。

個人輸入で購入する

電子タバコユーザーでニコチンリキッドを愛用している人の多くは個人輸入によってニコチンリキッドを購入しています。 個人輸入とは、海外の製品を個人で使用することを目的として海外の小売店などから直接購入することです。 海外から輸入すると通常であれば商品価格の10~15%の関税が発生しますが、個人輸入の場合は商品価格の0.6%ほどの関税で済みます。 これは、あくまでも個人で使用することが目的であるため減免措置が適用されるのです。 そのため、友人などの代理で購入することも禁止されているので、個人輸入を利用する際には自身の使用のために購入することが前提になります。

個人輸入には2つの種類があり、海外の小売店や通信販売業者などに直接注文をして商品を日本まで送ってもらう方法と、代行業者に依頼して輸入してもらう方法のどちらかになります。 海外の小売店や通信販売業者であれば、正規品を取り扱っているので商品の安全性や信頼度が高くなります。 ただし、業者や店舗によっては言語や支払いにおける問題が生じるケースもあります。 そのため、日本語に対応している小売店や通信販売業者から購入することをおすすめします。
また、代行業者に関しては、言葉の問題もありませんし、何か商品のトラブルがあっても通訳を頼むことができます。 ただし、輸送方法や配送料金だけではなく手数料として代金の上乗せが行われているため、代行業者によって料金が異なります。 きちんと比較してから信頼のできる業者を選ぶようにしましょう。
最も購入しやすい方法は、tropical.vape.shopのような専門のサイトです。 海外の会社と直接取引をしている個人輸入サイトであれば、言葉や支払いの問題はありませんし、トラブルがあっても日本語で対応してもらうことができます。 商品の安全性などを含めても、専門サイトだからこそ信頼して購入しやすいと言えます。

2.ニコチン入りリキッドとは

紙巻タバコや加熱式タバコと比べて、健康への影響やコスパが良いと電子タバコの人気が高まっています。 しかし、タバコから乗り換える人にとってニコチンが電子タバコで摂取できるのかどうかということは重要なポイントになります。 ニコチンは、強い依存性のある成分です。 喫煙によってニコチンが体内に摂取されると、脳内物質のドーパミンが放出されます。 ドーパミンには多幸感や意欲を高めるなどの作用があるため、喫煙によって「ストレスが発散された」「心地いい」「気分を切り替えられる」と感じます。 そのため、喫煙者はニコチン依存になってしまい、禁煙をすることが難しくなるのです。

電子タバコは、リキッドと呼ばれる専用の液体を電気で加熱することによって水蒸気を発生させ、その水蒸気を煙のように吸引する仕組みになっています。 紙巻タバコや加熱式タバコのようにタバコ葉を使用していないということが特徴です。 紙巻タバコや加熱式タバコはタバコ葉の風味を楽しむものですが、電子タバコはタバコ風味のフレーバーを含めてさまざまなフレーバーを楽しむことができます。 これは、香料によって風味や香りが付けられているからです。 電子タバコのリキッドは一般的にはノンニコチンになっていますが、ニコチンが加わったものがニコチンリキッドになります。

ニコチンが加わることで、ニコチン特有の吸引した後の満足感が得られます。 ニコチンリキッドには、ノンフレーバータイプとフレーバー付きのタイプがあります。 ノンフレーバーの場合は無味無臭となり、ニコチン濃度が高くなっています。 そのまま使用するのではなく、ノンニコチンリキッドに混ぜて自作のニコチンリキッドを作るためのものになります。 フレーバー付きのタイプの場合は、味と香りが付いています。 ニコチン濃度も適度な濃度に調整されているので、そのまま電子タバコに補充すれば使用できる手軽なタイプです。 フレーバーはタバコ系やメンソール系だけではなく、フルーツやスイーツ、ドリンクなどさまざまなフレーバーがあります。 電子タバコならではのフレーバーの豊富さが魅力なので、多くのニコチンリキッドのフレーバーを楽しむことができます。
また、ニコチン濃度も選ぶことができるため、自身でニコチンの濃度を減らすことも可能です。 徐々にニコチン濃度を下げていき、最終的にはノンニコチンのリキッドに変えることもできるので、無理なく禁煙しやすいということも電子タバコの特徴と言えるでしょう。

3.ニコチン入りリキッドは日本で手に入る?

ニコチンだけが摂取できて、タバコの有害物質であるタールなどは摂取しないで済むのであれば電子タバコを試してみようと考える喫煙者も多いでしょう。 しかし、ニコチン入りリキッドを国内の電子タバコ専門店やインターネットショップでは取り扱いがありません。 つまり、国内のお店ではニコチンリキッドを購入することができないのです。 この理由は、薬事法によって販売や譲渡が禁じられているからです。

そもそもニコチンは、毒物及び劇物取締法において毒物指定されている成分です。 薬事法でニコチンリキッドの国内製造や販売、譲渡は認められていませんが、なぜ紙巻きタバコや加熱式タバコは販売が許可されているのでしょうか?
それは、紙巻きタバコや加熱式タバコはニコチンそのものを販売しているわけではなく、タバコ葉を用いた嗜好品を販売しているからです。 タバコ葉は国内で販売が許可されていますが、ニコチンリキッドの場合はタバコ葉を使用していません。 そのため、ニコチンリキッドだけではなく電子タバコ自体がタバコとして商品区分されていないのです。 だからこそ、電子タバコはタバコ税の増税にも影響を受けることはなく、コスパも良いことがメリットと言えます。
また、禁煙するためのニコチンパッチやガムなども販売されていますが、これらは医薬品として承認されています。 日本国内では、医薬品やタバコ製品以外でのニコチンは手に入れられないようになっているのです。

しかし、薬事法によって販売や譲渡が禁じられているからといってニコチンリキッドを使用することが違法というわけではありません。 ニコチンリキッドの使用や所有することは禁じられていないので、合法的に使用することができます。 ニコチンリキッドを使用しているからといって罰則などがあるわけではないのでご安心ください。

ただし、ニコチンリキッドは日本国内で販売することが禁止されているので、入手するには海外サイトや個人輸入を利用します。 個人の使用になるので、海外から購入して使用することも違法ではありません。 ただし、海外から購入する際には注意しなければならない点があります。 それは、一度に購入するニコチンリキッドの量です。 海外から一度に輸入できるニコチンリキッドの量は、「1ヵ月に使用する量(120ml)まで」と法律で決められています。 購入するのであれば面倒だからとまとめて購入してしまう人もいるかもしれませんが、規定量を超えてしまっていれば税関で止められてしまいます。 そうすると、せっかく購入したリキッドが全て受け取れなくなってしまうのです。
また、1ヵ月以内に何度も注文することも規定量が超えていると判断される可能性があるので危険です。 必ず購入の際には、購入限度の量を超えないようにしましょう。

購入だけではなく、使用する際の注意点もあります。 電子タバコ初心者の場合は、フレーバー付きのニコチンリキッドから購入するようにしましょう。 ノンフレーバーのニコチンリキッドで自作のニコチン入りフレーバーリキッドを作ることができますが、スキルやニコチン濃度の計算が必要になるので電子タバコの扱いに慣れてきてから使用することをおすすめします。 まずはフレーバー付きのニコチンリキッドから試してみてください。 そして、ニコチン濃度は低めのものから選ぶようにしましょう。 最初からニコチン濃度が高いものを選ぶと、刺激が強すぎて喉を傷める可能性があります。 安全かつ美味しく電子タバコを楽しむためにも、ニコチン濃度の低いリキッドから試してみましょう。

4.ニコチン入りリキッドは安全?成分について

ニコチン入りリキッドを使用するにあたって、安全性や成分は気になる部分です。 健康被害を懸念してタバコから乗り換えるのであれば、なおさら電子タバコ自体の安全性も気になるでしょう。 紙巻きタバコや加熱式タバコの場合、タバコ葉を使用しているため、ニコチンだけではなくタールや一酸化炭素が発生します。 このタールや一酸化炭素が有害物質とされ、健康被害に影響を与えると言われている主成分です。 タールは発がん性物質であり、喫煙によってがんのリスクが高まる原因になります。 しかも、タールはヤニとも呼ばれるように、タバコ独特の臭いや黄ばみを引き起こします。 一酸化炭素は酸素が欠乏している状態を引き起こすため、動脈硬化のリスクを高めます。 しかし、電子タバコのリキッドにはタバコ葉は使用されていません。 そのため、一酸化炭素やタールといった有害物質が発生することはなく、電子タバコは健康被害が少ないと言われている理由になります。

電子タバコには専用のリキッドと呼ばれる液体が用いられます。 一般的なリキッドの原料は、PG(プロピレングリコール)とVG(植物性グリセリン)と香料です。 PGは食品添加物などに使用されているものであり、VGは化粧品などに使用されています。 また、香料は食品の人工甘味料として使用されているものです。 リキッドの原料は、私たちの身の回りにあるような食品や化粧品にも使用されるような成分で作られているため、健康への被害は低いと言えるでしょう。 ニコチン入りリキッドの場合は、これらの一般的なリキッドの原料にニコチンが加わったものになります。 そのため、ニコチン以外の部分においては健康面への影響を心配することなく使用できるといえます。

ニコチン入りリキッドを取り扱う際には、注意したい点があります。 それは、肌にニコチンリキッドがついてしまった場合です。 ニコチンは肌からも吸収されてしまうため、取り扱いには注意が必要です。 ニコチンリキッドの補充や自作によって肌にニコチンリキッドが触れてしまった場合にはすぐに水で洗い流しましょう。 口に誤ってリキッドが入ってしまった場合にも同様に水ですすぎます。 お子様がいる場合には、必ず手の届かないような場所にニコチンリキッドを保管するようにしましょう。 もし、ニコチンリキッドに触れてしまったことによって嘔吐やめまいなどの症状が現れれば、急性ニコチン中毒の可能性があるので、すぐに病院で受診してください。

5.ニコチン入りリキッド(電子タバコ・ベイプ用)人気ランキング

ニコチン入りリキッドは、さまざまな種類があります。 フレーバー付きのタイプもあればノンフレーバータイプもありますし、メーカーによって味わいも異なってきます。 種類が非常に豊富なので、いざ購入するとなると迷ってしまう人も多いでしょう。
そこで、人気のニコチン入りリキッドをランキングで紹介します。 どのニコチン入りリキッドを購入すべきか悩んでいた人は、ぜひ参考にしてください。

1位 Bandito Non Flavor Nicotine Base(ノンフレーバーニコチン) 60ml 54mg

マレーシアの人気リキッドブランドであり、日本でも多くの電子タバコユーザーが愛用しているBanditoが展開しているノンフレーバータイプのニコチンリキッドです。
ノンフレーバータイプなので、手持ちのフレーバー付きのノンニコチンリキッドと混ぜることでニコチン入りに自作することができます。 電子タバコの上級者達から指示されるリキッドブランドが展開するノンフレーバーニコチンリキッドなので、ニコチンの満足度は間違いありません。 Banditoが展開しているマレーシアリキッドらしい甘くて美味しいリキッドとの相性も抜群ですし、それ以外のリキッドブランドのものと混ぜても美味しく楽しむことができます。 1本あれば、さまざまなリキッドを好みのニコチン入りリキッドに変えることができるので、常備しておきたいリキッドと言えるでしょう。

2位 Bandito Non Flavor Salt Nicotine Base(ニコチンソルトベース) 30ml 54mg

最近、一般的なニコチンリキッドとは違うニコチンソルトの人気が急激に高まっています。 ニコチンソルトとは、ニコチンに似た成分ながらもニコチンより体内への吸収率が高いという成分です。 そのため、吸った瞬間からニコチン摂取による満足感を得られるのです。 しかも、高濃度のニコチンを選ばなくても満足度が高いため、喉を傷めることなく高濃度のニコチンが摂取できます。
通常のニコチンリキッドよりも、よりニコチンを感じたいという人や、高濃度のニコチンで喉を傷めたくないという人におすすめです。 人気リキッドブランドのBanditoよりニコチンソルトベースが販売されているので、Banditoのリキッドと一緒に楽しんでみてください。

3位 Horny Flava(ホーニーフラバ) Original Horny Mango

マレーシアの美味しくて甘いリキッドブランドの代表であるHorny Flavaが展開するリキッドの中でも国内外問わずに人気の高いOriginal Horny Mangoは、マンゴーの濃厚な旨味を再現しています。
完熟前のマンゴーと完熟したマンゴーを一緒にそのまま絞ったような本格的なマンゴーの味わいとなり、フレッシュなマンゴージュースを飲んでいるような感覚になります。 そこに清涼剤が加わっているため、後味は甘すぎることなくスッキリと爽やかな清涼感が残ります。 甘さと清涼感のバランスがとても良く、フルーツフレーバーが苦手な人でも楽しみやすい人気リキッドです。 ニコチン入りなので、喉へのキック感も心地よく感じていただけます。

6.ベイプ通販おすすめサイトtropical.vape.shop

電子タバコでニコチンリキッドを楽しむのであれば、電子タバコ本体だけではなくリキッドにもこだわりたいものです。 電子タバコの味や香りは、リキッドによって決まります。 そのため、美味しく吸うためにはリキッド選びが非常に重要と言えるでしょう。 しかし、味の旨味や複雑さを求めれば調合が難しくなるため、リキッドの値段も高額になってしまいます。 そうはいっても、値段の安さで妥協して美味しくないリキッドを購入しても、全部リキッドを使用しきれない可能性も高いでしょう。

そこで、おすすめしたい安くて美味しいリキッドが、マレーシア産のニコチンリキッドです。 マレーシア産のニコチンリキッドは、特有の濃厚な甘みや深い味わいが再現されていながら低価格なので世界中の電子タバコ愛用者から指示されています。 tropical.vape.shop ではマレーシア産のニコチンリキッドを安全に個人輸入することができます。 これから電子タバコを始めるという人も、これまでのニコチンリキッドには満足できなかったという人も、ぜひtropical.vape.shop でマレーシア産のニコチンリキッドをお試しください。

電子タバコ・VAPEコラム一覧ページ