ベイプのリキッドの成分は?おすすめリキッドを紹介

ベイプのリキッドの成分は?おすすめリキッドを紹介

電子タバコ基礎知識
シェアする

1.ベイプリキッドの成分とは?

ベイプは、さまざまなフレーバーを水蒸気として吸引することで楽しむことができる機器です。 ベイプ専用のリキッドと呼ばれる液体を加熱することで水蒸気を発生させる仕組みになっていますが、ベイプのリキッドの主成分はどのリキッドもほとんど同じです。 リキッドの主成分は、PG(プロピレングリコール)とVG(植物性グリセリン)という液体です。 この2種類の液体を混合したものに、香料が添加されることで香りや味わいを楽しめるようになります。 基本的には食品添加物として使われている成分から成り立っているので、ベイプのリキッドは安全性が高いと言われていますが、それぞれどういった性質を持つ成分なのか紹介していきます。

①PG

PG(プロピレン・グリコール)

PGは無色透明で味やニオイもない液体で、香料を溶かすことができる性質があることからベイプのリキッドとして使用されています。 ベイプのリキッドだけではなく、医療品や化粧品などにも含まれている成分です。 食品の品質改善としても使用され、加工食品などにも含まれていることから身体への影響は少ないと言えます。 また、PGは殺菌作用があるので、リキッドをなるべく長く保存したい場合にはPGの割合が高いものを選ぶと良いでしょう。

②VG

VG(植物性グリセリン)

VGもPGと同様に無色透明ですが、甘みと粘度の高い液体になっています。 主にココナッツ油やパーム油から生成されているので、植物性由来の安全なグリセリンです。 ベイプのリキッド以外では、医療品や食品などにも使用されています。

③香料

香料

香料は、リキッドの香りや味わいを作るために添加されています。 基本的に食品に使われるような香料が使用されているので、安全性は高くなっています。

これら3つの成分によってベイプのリキッドが生成されていますが、PGとVGの割合によってリキッドの特徴が異なってきます。 基本的にはVGが50~70%の割合で配合されていることが多いので、VGの方が比率が高い傾向にあります。 PGは香料と混ざりやすいことから、PGの割合が高いリキッドほど香りや味の再現度が高くなります。 しっかりとした味わいを求めている人にはPGの割合が高いリキッドをおすすめします。 一方で、VGは粘度が高いので香料とは混ざりにくい性質なので、味の再現性は劣ってしまいます。 しかし、PGよりも水蒸気量を多く排出できるというメリットがあるので、爆煙好きにおすすめです。 ただし、粘度が高いことでドライヒットも起こしやすいので注意が必要です。

2.リキッドの選び方

ベイプのリキッドには非常に多くの種類があり、ベイプを始めたばかりの人は目移りしてしまう人も多いでしょう。 フレーバーの種類は国内外のものを合わせれば数えきれないほどの種類があり、同じ味でもメーカーによって味わいや吸い応えは異なるものです。 フレーバータイプは、大きく分けると「フルーツ系」「メンソール系」「タバコ系」「その他」の4つに分けることができます。 まずは自分がどんな味が好きか考えて、好きなフレーバータイプの中から厳選していきましょう。

フルーツ

フルーツ

フルーツフレーバーは、ベイプならではのフレーバーでありながらベイプ定番のフレーバータイプです。 フルーツの甘さを楽しむことができることから女性人気も高くなっています。 選ぶフルーツによって甘さだけではなく酸味や爽やかさ、濃厚さなど違った味わいを楽しむことができます。 フルーツフレーバーの中でも定番になっているフレーバーは以下のものが挙げられます。

  • ・ストロベリー
  • ・マンゴー
  • ・グレープ
  • ・マスカット
  • ・ブルーベリー
  • ・ラズベリー
  • ・スイカ
  • ・メロン
  • ・グレープフルーツ
  • ・レモン

甘さや味の濃さはメーカーごとに異なるので、口コミなどを参考にして自分好みの甘さや味わいを探してみましょう。 濃厚な甘さのフルーツフレーバーであれば、マレーシア産のリキッドは定評があります。 味の再現度も高く、フルーツ本来の旨味と甘さが楽しめます。 また、紹介した単体のフルーツフレーバーだけではなくいくつかのフレーバーがミックスしたフレーバーもあります。 ミックスフルーツやトロピカルフルーツ、ベリー系ミックスなど、さまざまなフルーツの良い部分を集めたミックスフレーバーもあり、単体のフルーツフレーバーとは違った複雑さを味わうことができます。

ニコチン入りのトロピカルフルーツフレーバーリキッドを見てみる

メンソール

メンソール

メンソールは、スーッと口から鼻へと抜ける爽快感を楽しめるフレーバーです。 メンソールを吸うことで、ひんやりとした冷たさと爽やかさを感じることができます。 タバコにもメンソールがあることから、紙巻きたばこや加熱式タバコを吸っていた人からも人気があります。 メンソール系フレーバーは、気分転換したい時や、目を覚ましたい時などにおすすめです。 暑い夏に涼しくなりたいという目的でも使えるでしょう。

メンソール自体のフレーバーであれば種類は多くなく、主にミントやメンソール、ウルトラメンソールといったものが中心になります。 ミントはメンソールに比べるとガツンと喉に来る感じは弱く、ミントの葉の甘さを感じられます。 普通のメンソールでも喉への刺激や爽快感は得られますが、ウルトラメンソールやハイパーメンソールなどよりメンソールが強いタイプなどもあるので、どれほどのメンソールの刺激が欲しいかによって選べるようになっています。

メンソールフレーバーは単体のものよりも他のフレーバーと混ざっているものが多くなっています。 フルーツフレーバー+メンソールなどさまざまなフレーバーにメンソールが加えられており、甘さと爽快感を同時に楽しむことも可能です。 また、メンソールはどんなフレーバーにも比較的相性がいいので、原液リキッドとしても発売されており、自分の好きなフレーバーに加えてメンソール味にカスタマイズすることも可能です。 メンソールだけでは物足りないという人は、自分でカスタマイズしてみるのもおすすめです。

ニコチン入りのメンソールフレーバーリキッドを見てみる

タバコ

タバコ系フレーバーは、紙巻きたばこの銘柄をリキッドで再現したものになります。 紙巻きたばこの健康被害が心配でベイプに乗り換える人も多いですが、やはり最初はタバコの味わいが恋しいとタバコフレーバーから始める人も少なくありません。 タバコのスモーキーな味わいや、甘さや芳醇な香りの再現度の高さはメーカーによって異なります。 少しでもタバコを吸っている感覚を再現したい人は、味の再現率が高いメーカーを選ぶと良いでしょう。

反対に、タバコを本来吸っていなかったという人であれば、少し薄い味わいから始めると抵抗がなく吸うことができるはずです。 紙巻きたばこの銘柄だけではなく、葉巻の味わいのリキッドもあるので、少し大人な余裕ある時間を楽しみたい人にもおすすめです。

日本で販売されているタバコフレーバーにはニコチンが含まれていませんが、海外のリキッドにはニコチン入りのタバコフレーバーもあります。 より本物のタバコらしいキック感などの吸い応えを求めるのであれば、ニコチン入りのタバコフレーバーの方が満足できるでしょう。 ただし、海外のリキッドを購入するには個人輸入などのサイトで購入する必要があります。 安全な個人輸入サイトで購入したい場合には、TROPICAL VAPE.SHOPがおすすめです。

その他 ドリンクやデザートなど

その他のフレーバーとして挙げられるものは、ドリンクやデザート系のフレーバーです。 まるで本物のドリンクやデザートを食べているような感覚を楽しめます。 ドリンク系であれば、以下のものが挙げられます。

  • ・エナジードリンク
  • ・ミルク
  • ・カクテル
  • ・コーヒー
  • ・紅茶
  • ・抹茶

エナジードリンクやコーヒーは気分転換したい時にピッタリですし、甘い飲み物を飲んでいる感覚が欲しいのであればミルク系のフレーバーがおすすめです。 カクテルもさまざまな種類があり、アルコールは含まれていませんが味が再現されているので面白い感覚を体験できます。

また、デザート系もかなり種類は豊富で、各種ケーキ系やチョコレートなどのお菓子やガムなどたくさんの種類があります。 甘いものを食べたいけれど、ダイエットをしていて食べられないという時の口寂しさを紛らわすこともできるでしょう。 香りまで甘いものも多いので、甘さに囲まれて幸せな気分に浸ることができます。

リキッドの主な4タイプを紹介しましたが、自分がどんなフレーバータイプが好きなのかが分からないという人もいるかもしれません。 そういった場合には、「爽やか」か「甘い」どちらの味が好きか考えてみてください。 爽やかな味の方が好きであれば、メンソール系が合うでしょうし、甘い味が好きであればフルーツやその他のデザート系などのフレーバーが合うでしょう。

また、タバコを吸っていて乗り換える人であれば、タバコフレーバーやメンソールから始めてみた方が違和感なくベイプを始めることができます。 初めから色々と試すこともいいですが、合わない味を購入することも勿体ないので、まずは自分が本来どんな味が好きなのか単純に考えてからフレーバータイプを選び、その中のカテゴリーでさらにリキッドを絞っていくと良いでしょう。

3.オススメはマレーシア産

どんなフレーバータイプにするか決めても、次にリキッドブランドも決めなくてはなりません。 リキッドブランドで味わいは大きく差がありますが、どうせ吸うのであれば美味しいものを吸いたいと思うのは当然です。 しかし、旨味を求めるほど調合が難しくなるので、リキッドの価格も高額になりがちです。

そこで、美味しさに妥協はしたくないけれど、消耗品であるリキッドの費用は抑えたいと考える人もおすすめなのがマレーシア産のリキッドです。 マレーシア産のリキッドは味の再現度が高くて美味しいだけではなく、南国だからこその爽やかさと吸いやすさがあります。 しかも、値段もお手頃なので、たくさんの味を試してみることにも向いています。

4.激安マレーシア産リキッドならTROPICAL VAPE.SHOPで!!

マレーシア産のリキッドを購入するには個人輸入サイトで購入することになりますが、たくさんの種類安い価格で取り揃えているのがTROPICAL VAPE.SHOPです。 マレーシア産のベイプに特化しているので商品は選びやすいですし、他のショップでは購入することができないような珍しいマレーシアのリキッドブランドなどの取り扱いもあります。 何よりも、マレーシアの会社と直接取引をしているので、品質や商品の状態に関しても安心感があることが嬉しいポイントと言えるでしょう。

マレーシア産のリキッドを試してみたいという方は、是非TROPICAL VAPE.SHOPで好みのフレーバータイプを探してみてください。 購入方法は日本の通販サイトと購入する手順と同じですし、サイトは日本語表記なので分かりやすくなっています。

電子タバコ・VAPEコラム一覧ページ