会員登録で1000円クーポンプレゼント

電子タバコのニコチンリキッド とは

電子タバコのニコチンリキッド とは

電子タバコ基礎知識
シェアする

電子タバコを始めるにあたり、普通のリキッドではなくニコチン入りのリキッドを試したいという人もいるでしょう。 電子タバコのニコチンリキッドは、紙巻タバコなどとはどのように成分が異なるのでしょうか? 体への影響や購入方法など詳しく解説していきます。

1.ニコチンリキッドとは

電子タバコといえば、タールやニコチンフリーのイメージが強いかもしれません。 実際に、国内の電子タバコSHOPなどを訪れてもリキッドには全てニコチンが含まれていません。 しかし、海外で販売されているリキッドはニコチンが含まれている「ニコチンリキッド」もあり、ネット通販によって購入することができます。 ニコチンリキッドは、通常のノンニコチンのリキッドにニコチンが配合されたものとなります。 紙巻タバコや加熱式タバコは、タールも合わせてニコチンを摂取することになるため、比較すると電子タバコの有害性は低いと言え、ニコチンリキッドであればニコチンのみを摂取することができます。
ただし、米国のトランプ大統領は電子タバコが蔓延している中で、若者がニコチン依存していく現状を傍観しないと発表しており、州によっては電子タバコの販売が禁じられる措置を取っています。

2.ニコチン入りリキッドを日本で手に入れるには?

紙巻タバコや加熱式タバコから電子タバコに乗り換える人であれば、ニコチンリキッドが欲しいと考えるでしょう。 電子タバコ愛用者でも、慣れてくるとニコチンリキッドも試してみたいと考えるかもしれません。 しかし、ニコチンリキッドは国内店舗では入手することができません。 これは、日本では薬事法によってニコチンが入ったリキッドの販売や譲渡が禁止されていることが原因です。 そのため、日本で実際に目に機会がないのです。 それでは日本に住む自分はニコチンリキッドを購入できないのかというと、そうではありません。

海外ではニコチンリキッドは禁止されていないので製造・販売されています。 その海外の製品を海外サイトや個人輸入で購入すれば、日本にいてもニコチンリキッドを購入することができるのです。 ただし、海外サイトから自身で購入するのは言葉の問題もありますし、商品のトラブルがあった際などに疎通が大変です。
また、支払いの問題や、商品が無事に到着するのかという不安などもあります。 そういった面で問題や不安点が少ないのは、個人輸入と言えるでしょう。 日本語でサイトは記載されているので分かりやすいですし、支払いなどもカードで手軽にできるので、普通のインターネット通販と変わりありません。

3.ニコチン入りリキッドの成分は?

ニコチン入りリキッドの成分は、ノンニコチンリキッドとニコチンが入っている部分以外では大きな違いはありません。 主成分は一般的なリキッドと同様で、添加物であるVG(植物性グリセリン)とPG(プロピレングリコール)となっています。 VGは食品などにも使用されるような成分ですし、PGはヤシから採取される成分なので、リキッドは基本的には植物由来の原料を中心に構成されているのです。 ただし、植物由来であるといってもリキッドを直接口に入れるようなことは危険ですので控えましょう。 また、PGとVGの2種類の主成分の割合が変わることで、リキッドの吸い応えや味わいが大きく変わります。 VGはフレーバーの旨みを引き出してくれますし、PGは煙量を出すことができるので吸い応えを得られることから、リキッド毎にこの主成分の割合を変えて味や吸い応えに特徴を出しているのです。

そして、ニコチンリキッドにはニコチンは含まれているものの、タバコ葉が使用されているわけではありません。 そのため、発がん性物であるタールは含まれていないのです。 一方で、紙巻タバコと加熱式タバコはタバコ葉が使用されているので、ニコチンだけではなくタールも含まれているのです。 紙巻タバコに比べると加熱式タバコは、直接タバコ葉を燃焼させるのではなく高温で加熱する方法なのでタールの発生量は少なくなります。 しかし、タールが発生することに変わりはないので、体への影響が考えられるのです。 そのため、タールを摂取することなくニコチンを摂取できる電子タバコのニコチンリキッドが注目されています。

4.ニコチン入りリキッドによる体への害はあるのか?

ニコチン入りリキッドは、タバコ葉が使用されていないことから安全性が高いとはいえ体への影響が全くないとは言い切れません。 ニコチンは依存性が高いという性質があり、これが禁煙できないという原因にもなっています。 ニコチンを常習的に摂取していると、ニコチンが体内から無くなると苛立つことや集中が途切れるといったことが起こります。 そのため、急にタバコを止めるということが難しく、再び喫煙を始めてしまうきっかけにもなるのです。

また、ニコチンは過剰摂取することで、血管を収縮させて血行を阻害させたり、血液中のコレステロールを酸化させるといった恐れがあります。 その他にも動脈硬化や心筋梗塞、腎臓病、冷え性などさまざまな影響を与える可能性があるのです。 もちろん紙巻タバコ等に比べるとニコチン量は少ないので、その分人体への影響は少なくすむでしょう。

もしニコチンが肌に触れてしまった場合には、肌からも吸収されるのですぐに水で洗い流すようにしましょう。 ニコチンリキッドを取り扱うにあたり、アトマイザーに補充する際に手に触れてしまったり、吸引の際に口の中に入ってしまうケースもあります。 そういった場合には、すぐに手を洗ったり、口をゆすいでください。 誤って飲んでしまった場合には、すぐに病院で受診することをおすすめします。

5.ニコチン入りリキッド個人輸入の注意点

ニコチン入りリキッドは、日本で購入することができないので海外から個人輸入することになります。 海外サイトから自分で注文するよりも手軽で安心して購入することができますが、個人輸入を利用する際にいくつかの注意したい点があります。

まずは、購入の際の「量」です。
ニコチン入りリキッドを海外から一度に輸入できる量は法律で決まっており、【1ヶ月に使用する量(120ml)まで】と定められています。 そのため、この規定量を超えてしまうと税関で止められてしまうことになるので手元には届かないのです。 もし、一度にたくさん購入しない場合であっても、1ヶ月に何度も購入して規定量を超えるような場合でも税関に止められる可能性があるので注意してください。

次に注意したい点は、ニコチンリキッドの選び方です。
ニコチンリキッドには、ノンフレーバーのニコチン原液のリキッドと、フレーバーの付いたニコチン入りリキッドの2種類があります。 ノンフレーバーのニコチン原液は、ノンニコチンのリキッドと組み合わせて自作する際に使用するものになります。 ニコチンの濃度を計算して量り、混ぜるような作業が必要になるので、自作に慣れていない人にとっては難しい作業でしょう。 初めてニコチン入りのリキッドを購入するという場合であれば、フレーバー付きのニコチン入りリキッドを選ぶようにしましょう。 そうすれば、自作することなくすぐに使用することができ、手軽にニコチン入りの電子タバコを楽しむことができます。

6.ニコチン入りリキッドの味の選び方、日本で人気のフレーバーは?

ニコチン入りリキッドを初めて購入するという際には、非常に種類が豊富なので悩む人も多いでしょう。 メーカーによって展開しているフレーバーの種類も異なりますし、同じフレーバーでもメーカーで味わいが少しずつ違います。 最近ではスイーツ系やドリンク系フレーバーなど変わり種のリキッドまであるので、いろいろ試したくなるものです。

紙巻タバコや加熱式タバコから電子タバコに乗り換えた人であれば、慣れ親しんだ味であるタバコフレーバーやメンソールが馴染みやすいですし、喫煙気分を味わえるので人気があります。
また、メンソールは喫煙者ではなくてもリフレッシュできる爽快さを味わえるので、多くの人から支持されているフレーバーです。 その他にも日本で人気のあるフレーバーといえば、電子タバコだからこそ味わうことができるフルーツ系フレーバーです。 マンゴーやピーチ、マスカットなどさまざまなフレーバーがあり、果実の甘みや香りを楽しむことができます。 より果実の濃厚な甘さや深い味わいを感じたいという場合には、南国であるマレーシア産のリキッドが人気高くなっています。 とても濃厚なフルーツフレーバーを再現しているのにも関わらず、価格が非常にお手頃なところが魅力でもあります。
やはり、美味しいリキッドや味わいが深いリキッドになるほど製法や材料にこだわりがあるので、価格が高くなってしまいがちです。 しかし、マレーシア産のリキッドは、高品質で濃厚な味ながらも低価格で展開されているので、甘い味が好きな人やフルーツフレーバーが好きな人であれば手頃に試すことができるのでおすすめです。

7.トロピカルVAPE.SHOPなら安心して個人輸入できる!!

ニコチン入りリキッドを個人輸入で購入するのは不安だという人もいるでしょう。 しかし、トロピカルVAPE.SHOPであれば安心して購入することができます。 言葉の問題はもちろんありませんし、マレーシアの会社と直接取引しているので商品の安全性や、搬送の際の手続なども信用することができるのです。 日本産のリキッドでは味わうことのできないマレーシア産の濃厚な甘さを堪能でき、ニコチンも摂取できます。 ニコチン入りリキッドを個人輸入してみたいという場合は、是非トロピカルVAPE.SHOPをお試しください。

電子タバコ・VAPEコラム一覧ページ