電子タバコとは

電子タバコとは

電子タバコ基礎知識
シェアする

1 電子タバコとは?

電子タバコとは、リキッドと呼ばれる液体を電熱線によって加熱することで蒸気化し、その水蒸気をタバコのように吸いこんで楽しむことができる機器です。 このリキッドは、化粧品や食品の添加物などに使用される成分でできているので、身体への害を心配する必要もありません。 そして、リキッドにはさまざまなフレーバーがあり、タバコ風味やメンソール、フルーツ系など好みのフレーバーを楽しむことができます。 このさまざまな香りと味を楽しめるという点が、電子タバコの最大の魅力と言えます。 また、フレーバーだけではなく、機器によっては煙の量も調整することができるので、幅広いカスタマイズをすることができるので、どんどん自分好みに変えていけることも特徴です。

電子タバコが紙巻タバコやアイコスなどの加熱式たばこと違う点は、タバコ葉を使用していないという点です。 そのため、タバコ葉に含まれるタールや一酸化炭素といった有害物質を吸引してしまうことがないのです。 紙巻タバコや加熱式タバコよりも体への害が少ないという点が最大のメリットになります。

2 加熱式タバコとは?

世間一般で言われる電子タバコといえばアイコスというイメージがあるかもしれませんが、アイコスは電子タバコではなく加熱式タバコになります。 電子で加熱するから電子タバコではないかと考えられがちですが、仕組みが異なるのです。 そもそも電子タバコは、リキッドを水蒸気化したものを吸引するものです。 一方で、アイコスなどの加熱式タバコは、タバコ葉を加熱することで蒸気を吸引する仕組みとなっています。 本来の紙巻タバコであれば、直接タバコ葉を燃やして煙を吸引していましたが、加熱式タバコでは燃やさずに間接的に加熱させているのです。 タバコ葉が高温加熱されることで蒸気が発生し、その蒸気を吸引しているので紙巻タバコに近いような感覚と味を体感することができます。 そして、加熱式だからこそのメリットは、タバコ葉を直接燃やしていないことから有害物質を減少させることができるという点です。

3 電子タバコと加熱式タバコの違い

前述したように、電子タバコと加熱式タバコでは吸引するものが違うので、全く別物になります。 スペックを含めて価格面などでもどのような違いがあるのか、電子タバコと加熱式タバコについて詳しく比較していきましょう。 加熱式タバコにおいては、アイコスとグローとプルームテックの代表的な3種類を比較対象としてそれぞれ見ていきます。

【スペック比較】

  電子タバコ アイコス グロー プルームテック
蒸気の発生方法 電力 加熱 加熱 加熱
カートリッジ内容 液体リキッド タバコの葉 タバコの葉 タバコの葉(たばこカプセル)
タール なし ほぼなし ほぼなし ほぼなし
ニコチン なし(海外製品はあり) あり あり あり
煙量 多い(調整可) 少ない 少ない 少ない
吸い殻 なし あり あり なし
フレーバー 非常に多い 11種類 18種類 4種類

スペックを見て分かるように、電子タバコと加熱式タバコの3種類ではカートリッジ内容が異なります。 加熱式タバコは紙巻タバコでも使用されるタバコ葉が使用されており、直接燃焼していないとはいえ有害物質であるタールが発生しないとは言い切れません。 そして、ニコチンはどの加熱式タバコでも発生します。 一方で、電子タバコではタバコ葉は使用していないので、タールが発生することはありませんし、ニコチンも発生しません。 しかし、ニコチンを摂取したいという人向けに、海外ではニコチン入りのリキッドも販売されているので好みで選ぶことができます。

また、フレーバーの種類に関しては、電子タバコの場合は国内外でさまざまな種類が展開されているので数えきれないくらいの種類があります。 フルーツやスイーツ、ドリンク系などのフレーバーまであるので、気分に合わせた香りと味を楽しむことができます。

【コスパ比較】

  電子タバコ アイコス グロー プルームテック
本体価格 1,000円~10,000円(機種による) (アイコス3)税込10,980円 (グローTM)税込2,980円 (プルームテック+)税込4,980円
タバコ税 対象外 対象 対象 対象
カートリッジの内容量 リキッド式:1個30ml カートリッジ式:1箱5パック入り 1箱20本 1箱20本 1箱5個
1カートリッジにおける吸引回数 リキッド式:約3,000回
カートリッジ式:約2,000回
約280回 約200回 約250回
煙量 多い(調整可) 少ない 少ない 少ない

電子タバコと加熱式タバコを比べると、まず本体価格に関しては電子タバコの価格が幅広くなっています。 機種によって価格が異なり、手頃なものであればスターターキットで充電ケーブルやカートリッジなどもセットになったものが1,000円~3,000円で購入することができます。 もし高い機能性のある機種が良いという場合には高額な機種もありますが、まず最初は低価格の手軽なタイプから始めることができるという点が魅力とも言えます。

一方で、加熱式タバコの場合は初期費用が高くなりがちです。 年間の費用を考えても、アイコスやグローに関しては、カートリッジの価格や本数や吸引回数を比較しても紙巻タバコと違いがありません。 違いがあるものといえば、プルームテックの場合はカートリッジがたばこカプセルになるので、1個で50回分吸引が可能となり、紙巻タバコの5本分にあたります。

そのため、加熱式タバコの中でコスパが良いものはプルームテックと言えます。

しかし、電子タバコのカートリッジ価格は高額になりますが、1度に吸引できる回数が多いのでコスパとしては良くなっています。 何よりも、電子タバコは加熱式タバコとは異なりタバコ税の影響を受けないため、値上がりをする心配がないという点も大きなメリットになっているでしょう。

4 紙巻きたばこと電子タバコの違い

加熱式タバコと電子タバコの違いと比較してきましたが、紙巻タバコと電子タバコではどのような違いがあるのでしょうか? タバコ税の増税や健康被害などを理由に紙巻タバコから電子タバコへと乗り換える人も多いですが、どのような違いがあるのか比較していきましょう。

【タールによる健康被害】

紙巻タバコは細かく刻んだタバコ葉が巻かれており、直接燃やすことによって出る煙を吸引します。 タバコ葉を燃やすことで発生する煙の成分には、アンモニアやタール、ニコチンなどが挙げられます。 この成分の中でも特に有害物質であると言われるタールは、タバコの「ヤニ」とも言われる成分であり、茶色く粘着性があります。 そして、タールには数百種類の発がん性物質が含まれているため、吸引を続けることでガンのリスクが高まると言われているのです。 一方で、電子タバコはタバコ葉を使用していないのでタールは発生することはありません。 そのため、健康被害のリスクは紙巻タバコに比べると圧倒的に低くなっています。

【周囲への影響】

紙巻タバコを直接燃やすことによって出る被害は、自身の健康だけではなく周囲への被害もあります。 紙巻タバコの場合、ヤニの独特な臭いが発生するので、非喫煙者がその臭いを不快に感じることは多いものです。 また、その副流煙は、喫煙者が吸引する主流煙よりも有害物質が遥かに多く含まれています。 厚生労働省発行の「喫煙と健康」によると、主流煙に比べると副流煙にはタールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍、ニコチンが2.8倍多く含まれていると書かれています。 つまり、周囲の人々の健康にも被害を与えていることになるのです。 一方で、電子タバコの場合は煙のニオイはフレーバーの香りとなるので、甘い香りなどがほんのり香る程度です。 そのため、臭いで周囲を不快にさせることはありません。 同様に、タバコ葉を使用していないからこそ副流煙の害もなく、周囲に迷惑を掛けているという罪悪感を持つ必要もないのです。

【コスパの違い】

紙巻タバコは1本10回の吸引と考えて、1日1箱計算であれば1ヶ月で5400回吸引することになります。 そして、月に必要な費用は500円×30日で15,000円です。 電子タバコであれば、リキッド式であれば30mlで約3,000回の吸引が可能となり、カートリッジ式は1箱で約2,000回の吸引が可能です。 それぞれ約2,000円しないくらいで購入できるので、1ヶ月約4000円あれば十分に同量の吸引が可能となるので、圧倒的にコスパが良いと言えます。 もちろん紙巻タバコと違って初期費用として機種の費用が必要となりますが、長期的な使用を考えても電子タバコの方が紙巻タバコよりも高コスパなのです。

【ニコチンの吸引】

紙巻タバコを辞めようと思っても辞められない原因は、ニコチンの依存性です。 タバコ葉に含まれているニコチンは、性質して依存性があるため、ニコチンを日常で吸引していると、ニコチンがなくなった時にイライラしたり集中が途切れるなどしてしまうのです。 そのため、禁煙をしようとしても多くの人が我慢出来ずに失敗してしまうのです。 一方で、電子タバコの場合、日本で取り扱いのあるリキッドはノンニコチンです。 これは、日本の薬事法においてニコチン入りのリキッドの販売や譲渡が規制されているからです。 ただし、海外製品であればニコチン入りのリキッドがあるので、個人輸入などで購入すればニコチン入りのリキッドでニコチンを体内に入れることができます。 つまり、タールなどの有害物質を吸引することなくニコチンのみを吸引することも電子たばこでは可能になります。 そのため徐々にストレスなくニコチンを減らして禁煙をすることができます。

5 おすすめ電子タバコランキング

電子タバコは、紙巻タバコや加熱式タバコと比較するとコスパや健康面でも勝っていることが分かりました。 しかし、電子タバコの種類は非常に豊富なので、電子タバコを始めたいと考える人はどの機種を購入すべきか悩んでしまうでしょう。 そこで、初心者へおすすめの電子タバコをランキング形式で紹介していきます。

1位 VAPORESSO Veco One
VAPORESSO Veco Oneはペンタイプのリキッド式電子タバコで、コンパクトかつ味の旨み、性能の高さが人気となっています。 セラミックコイル対応だからこそ、リキッドのフレーバーの再現性を高めて旨みを十分に引き出すことができるのです。 また、ペンタイプながらもミストは細かくクリアなので、心地よい吸い心地を得られます。

アトマイザーはトップフィルタイプなので、上部からリキッド注入することがきて手軽かつ液漏れの心配がありません。 また、コイルはタンク下を回して差し込むだけなので、コイル交換の手間も大幅に省くことができる作りになっています。 リキッド注入やコイル交換が面倒という人でも、簡単に使いこなせるリキッド式電子タバコと言えます。

シンプルなデザインかつシンプルな機能だからこそ初心者でも使いこなしやすいところが魅力です。 電子タバコで面倒とされるメンテナンスも、簡単で分かりやすい作りだからこそ初心者でもメンテナンスをしやすくなっています。 最近はカートリッジタイプの電子タバコも流行していますが、やはりリキッドの方が選べるフレーバー数は多いので、長期使用を考えていろいろとフレーバーを楽しみたいという人におすすめです。

2位 VAPORESSO Skysolo
VAPORESSO Skysoloは、VAPORESSOシリーズの中でも名作ともされるVeco Oneの次の名作として展開されている人気デバイスです。 バッテリーとアトマイザーがオールインワンになった簡単な使い勝手が便利な初心者向けのリキッド式の電子タバコと言えます。 ペン型になっているので持った時のフィット感も良く、コンパクトだからこそ持ち運びにも便利でしょう。

電子タバコの味わいの決め手となるコイルには、GTメッシュコイルを使用しています。 このGTメッシュコイルは高品質なものであり、爆煙にも向いているコイルです。 普通のミスト量では物足りないと考えている人でも大満足できるミスト量でしょう。

しかも、スターターキットは3,000円台で購入することができるので、低価格なことからも初心者が試しやすいと人気を誇っています。 低価格ながらも質の良い味と爆煙を楽しむことができるので、初心者だけではなく電子タバコ愛用者たちの間でもサブ機として厚い支持を得ているのです。

3位 Eagle Energy
Eagle Energyは、電子タバコには見えないようなスタイリッシュでポップな見た目が印象的な電子タバコです。 使い切りタイプとなっており、一度電子タバコを試してみたいという人にはピッタリなのではないでしょうか? 1本で約400回の吸引が可能なので、使い切りといってもリキッドがなくなるまで何度も使用することができます。

使い方も非常に簡単で、吸引口から吸い込むだけでミストが出てきます。 吸引するとLEDで青く光るようになっているので、分かりやすいでしょう。

Eagle Energyはカナダ発の電子タバコですが、世界初のカフェインミストサプリと言われています。 ガラナエキス(カフェイン)や高麗人参などの天然成分のみで作られており、エナジードリンク風味ですがカロリーも糖質もゼロなのが嬉しい点です。 エナジードリンク風味のリキッドはたくさんありますが、本物のエナジードリンク同様にカフェインが配合されていることが特徴でしょう。

エナジードリンクを飲みたい時には、Eagle Energyを吸引することで代用することができます。 10~20回の吸引でコーヒーやエナジードリンク1本分相当に値するので、コスパを考えるとかなりお得であると言えます。

4位 Eleaf iStick TRIM
電子タバコといえばボックスタイプだと考える人にピッタリのEleaf iStick TRIMは、ボックスタイプながらもペン型のように手軽な操作が初心者に人気のデバイスです。 幅が15㎜というライターのような薄さで、コンパクトで持ちやすい形状になっています。 小さなボディながらもミスト量もしっかりと出るので、吸い応えも十分に得られます。

コンパクトなデザインながらも液晶画面が搭載されており、画面にはバッテリーとパワーが表示されるようになっています。 パワーは3種類から選ぶことができ、操作自体は簡単なので初心者でも簡単に使いこなせます。 操作はボタンで行うので、電源のオンオフは連続5回、パワー変更は連続3回ボタンを押すだけです。

また、エアフローがアトマイザーの下には付いているので、自分好みの吸い心地に調整することができます。 簡単な操作ながらもパワーや煙を調整できるので、初心者から使い始めて、慣れたら自分好みを探しながらカスタマイズできることが魅力と言えるでしょう。 ボックスタイプの電子タバコは操作が難しいと考えられがちですが、iStick TRIMならばボタンのみの操作なので初めての人でも心配なく使いこなせます。

5位 Evita
evitaは使い捨てタイプの電子タバコなので、電子タバコ試してみたい人にはピッタリのお試しタイプと言えます。 使い捨てタイプだからこそ持ち運びにも便利なので、旅行や出張などのシーンにも活躍してくれます。

何よりもevitaが電子タバコ初心者にとって魅力なのは、コスパの良さと言えます。 500円という低価格で試すことができ、500回分の吸引が可能です。 しかも、使い方は簡単になっていて、吸引口から吸うだけです。 先端のLEDランプが10回点滅したらリキッドが無くなるという合図なので、本体ごと買い替える必要があります。 使い捨てだからこそメンテンナンスの必要もありませんし、味や吸い心地を試すには手頃であると言えるでしょう。

しかも、リキッド成分にはビタミン各種やコラーゲン、コエンザイムなどが配合されていることから、男性だけではなく女性人気も高くなっています。 メンソールなど定番のフレーバーからエナジードリンクやフルーツ系まで揃います。 フレーバーの種類も豊富だからこそ、自分の好みに合ったフレーバーを探すこともできるでしょう。

6位 ZELTU
ZELTUはイギリス生まれのスタイリッシュなデザインが魅力的なPOD型の電子タバコです。 マグネット式の蓋をしていれば、電子タバコのようには見えない形状となり、大人の男性や女性に人気のあるデザインになっています。 しかも、マグネット式の蓋だからこそキャップを紛失する心配もありませんし、吸引口の衛星を守ることができます。

POD型なのでリキッドは充填式となり、コイル交換やリキッド補充の必要はありません。 PODを交換するだけでフレーバーを交換でき、本体も充電式で使い続けることができるのです。 電子タバコのメンテナンスは面倒だけれども、使い捨てはコスパが悪いと考えている人にはピッタリと言えるでしょう。

ZELTUは爆煙タイプではありませんが、味わいに定評があります。 フレーバーの再現度が高く、味わい重視の人におすすめです。

充電残量はロゴ部分の光る色で確認することができます。 そのため、突然充電切れを起こすこともありません。 操作は特に必要なく、吸引すれば自動的に電源がオンになる仕組みです。 使い方も簡単だからこそ、電子タバコ初心者にもピッタリの機種と言えるでしょう。

7位 DR.VAPE
DR.VAPEは、「世界一おいしくて健康な電子タバコ」というコンセプトのもと開発されました。 レディガガの衣装などを手掛ける世界的アーティストがデザインを手掛けているということもあり、とてもスタイリッシュかつ美しいデザインの電子タバコです。

ペンタイプのPOD交換型の電子タバコとなり、非常にコンパクトで細い形状になっています。 吸引すれば自動電源がつくので、面倒な操作の必要はありません。 また、POD交換式なのでリキッド補充やコイル交換の手間も省くことができるので、電子タバコ初心者や上級者のサブ機にピッタリです。

ペン型でコンパクトなボディですが、比較的ミスト量は多いので、吸い応えを求める人でも満足できるでしょう。 また、フレーバーの旨みにも力を入れているので、美味しいと評判です。 電子タバコ初心者でも癖なく吸引しやすい味になっています。

カートリッジにはタバコフレーバーやフルーツフレーバーなどが展開されているので、気分や好みで使い分けることができます。 ニコチンとタールともに0なので、禁煙を始めたいと考える人にとっては健康になる第一歩になるのではないでしょうか。

8位 FLEVO
FLEVOは、最近人気のカートリッジ交換式の電子タバコです。 コンパクトかつ非常にシンプルで無駄のないデザインから、幅広い年齢層に支持されています。 カートリッジ付きのスターターキットでも1000円ほどで試すことができるので、コスパも良く電子タバコ初心者に人気があります。

電子タバコで面倒とされるリキッドの補充や清掃などの必要はなく、カートリッジ部分をフレーバーがなくなる毎に交換するだけで使い続けることができます。 カートリッジの交換は本体からくるくると回して取り付けるだけなので、10秒もあれば交換できるほど簡単です。 また、本体は充電式なので、USBにて充電を行います。

カートリッジは1個で約240回の吸引が可能なので、1日は十分に吸うことができます。 フレーバーの数は5種類と多くはありませんが、電子タバコを試してみたい人には十分でしょう。

吸い応えに関しては、やはりボックス型に比べるとミスト量は多くはありませんが、価格やコンパクトなボディを考えると十分と言えます。 味わいもしっかりと感じられるので、好みのフレーバーを試してみてください。

9位 myblu
mybluは2018年から販売を開始したまだ歴史の浅い電子タバコながらも、非常に人気の高いPOD型電子タバコです。 販売からたった2ヵ月で累計20万個も売り上げたという記録を持っています。 手のひらサイズのコンパクトさに加え、POD型ながらもミスト量の多さや味の美味しさで高評価を得ている電子タバコなのです。

mybluは本体とリキッドポッドで成り立っており、本体は充電すれば継続して使用することができます。 充電すればそのまま吸うだけで電源が付くので、難しい操作もありません。 しかも、この充電もたった20分ほどでフル充電できるので、どこでも手軽に充電できることが魅力です。

また、リキッドポッドは交換式ですが、簡単に取り外して交換することができるので使い勝手も非常に良くなっています。 数秒あれば交換することができるので、出先でも簡単にリキッド交換が可能になります。 難しい操作やメンテナンスはしたくないという電子タバコ初心者にはピッタリのデバイスでしょう。

使い方が簡単だと味があまり美味しくないのではないかと考える人も多いかもしれませんが、ミスト量が多い分吸い応えを十分に感じることができます。 爆煙とまでは言えませんが、爆煙に近いくらいのミスト量なのです。 フレーバー展開も豊富なので、飽きることなく自分好みの味を試すことができるでしょう。

10位 VITAFUL
VITAFULは、カラフルでポップなデザインが可愛いと評判の電子タバコです。 SNSなどでも取り上げられ、若者を中心に注目を集めています。 ペンタイプになっているので、電子タバコには見えないコンパクトさとスタイリッシュさを合わせ持っています。

VITAFULには使い捨てタイプと充電式タイプの2種類が展開されています。 使い捨てタイプであれば、電子タバコがどんなものか体験してみたいという人にピッタリでしょう。 一方で、充電式の場合でもカートリッジ交換式になっているので従来の電子タバコの難しい操作やメンテナンスは必要ありません。 初心者から上級者まで楽しめる機種となっているのです。

しかも、VITAFULにはビタミン6種やコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸といった多くの健康成分が配合されています。 もちろん配合されている成分が栄養成分として補給されるというわけではありませんが、少しでも健康に気を遣いたいと考えている人であれば試してみたいと考えるものでしょう。

フレーバーの種類も使い捨てやカートリッジ式の電子タバコの中では豊富な方なので、甘いフレーバーから爽やかなフレーバーまで幅広い味を楽しむことができます。

6 トロピカルVAPE.SHOPなら安心して個人輸入できる!!

電子タバコを購入することができるのは、日本国内の電子タバコショップでも可能です。 しかし、国内で販売されている電子タバコは種類が限られていますし、ニコチン入りや珍しいフレーバーなどは展開されていません。 そこで、電子タバコを購入するのであれば、トロピカルVAPE.SHOPがおすすめです。 個人輸入となると言葉が通じないといった問題や、トラブルの際の対応が難しいのでなかなか手が出せないものです。 しかし、トロピカルVAPE.SHOPであれば言語や支払いなどの問題を気にすることなく手軽に購入できます。 しかも、海外製品といってもマレーシアの会社と直接取引するので商品も安心して取り寄せられるので、トラブルも少なく安全です。 電子タバコをこれから始めたいと考えている人は、是非トロピカルVAPE.SHOPを訪れてみてください。

電子タバコ・VAPEコラム一覧ページ